首や肩の痛みの症状

症状の原因

  • 疾患の見極め
  • 首や肩の痛みの原因と治療法

疾患の見極め

施術風景

このような方は要注意

  • デスクワークの方
  • 30〜40代の方
  • 冷え性の方
  • 運動不足の方
  • ストレスを感じやすい方
  • パソコン作業や夜にスマホを触る方
  • 交通事故でむち打ちの症状がある方

当院では首や肩の痛みでお困りの方が多く来院されます。
まず来院された際は、癌や感染症など命に関わる疾患か、ヘルニアなどの整形外科的な検査・処置が必要な疾患かどうかを見極めていきます。
そこで上記2点が問題無いと判断した場合、当院の治療法で痛みの軽減と根本原因の改善を行っています。

首や肩の痛みの原因と治療法

症状の原因として、大きく分けて3つあります。

姿勢不良から来る筋肉の硬結による痛み

1つ目は姿勢不良から来る筋肉の硬結による痛みで、ひどい場合は頭痛やめまい、手や腕のしびれなどの症状も発生します。
デスクワークや家事などの日常生活の中で、当り前のように行っている動作や姿勢により背骨や骨盤という骨格の捻じれから、筋肉の固さが蓄積していき違和感・鈍痛、そして激しい痛みとして感じる様になります。

冷え症/ストレスから来る自律神経の乱れ

2つ目は女性に多い冷え症やストレスから来る自律神経の乱れから来る症状です。
体温が低い、運動不足で筋力が低下している、職場などでストレスを感じやすい、パソコン作業、夜にスマホを触る…など現代には自律神経に負担を与える要因が日常に多数存在します。自律神経が乱れると血流が悪くなる、身体に力が入りやすい・常に緊張した状態になる、内臓の働きが悪くなる、呼吸が浅くなるなど様々な影響を身体に及ぼします。

堺整骨院のカウンセリング風景

交通事故によるむち打ち症

3つ目は交通事故によるむち打ち症です。交通事故の場合、軽度な衝撃でも特に後方からの追突ではボクシングでカウンターパンチを受けてしまうほどの不意な衝撃となります。
そこで筋肉の硬結だけでなく、頸椎の関節の「ズレ」が生じて、これを治療せずに放置してしまうと、よく耳にする「後遺症」が発生します。
これにより首肩や身体のだるさ、雨の日の頭痛が出やすくなる…などの症状を引き起こします。

当院では上記3つの症状に対して、手技療法、電気治療、鍼治療など患者様に合った治療法を見つけて、痛みの根本原因を改善させて頂きます。

Web予約はこちら