腰痛・お尻の痛みの症状

症状の原因

  • 腰・お尻の痛みの原因
  • 産前・産後の骨盤矯正
  • 女性の坐骨神経痛と「冷え性」
  • 鍼治療
  • 腰痛、坐骨神経痛のまとめ

腰・お尻の痛みの原因

このような方は要注意

  • お子様がいる女性の方

女性に多い腰・お尻の痛みの原因の一つに骨盤の開き・歪みがあります。産後の骨盤矯正をされていない方に非常に多いです。
症状の訴えとしては、立ち上がり動作・朝の起き上がり動作や、お子さんを抱えようとかがむ動作での痛み、また中には、お尻を叩きたくなるようなお尻から太ももへの痛だるいなどの自覚症状が現れます。
車の運転中に腰からお尻が痛くなってきて、車から降りる瞬間や、降りてからの歩き始めで痛みが強くなったりもします。

それは背骨の土台となる骨盤にある仙腸関節の歪みが原因となり、腰や股関節まわりの筋肉が過度に緊張していたり、そこから坐骨神経痛を引き起こしてしまっていることが多いです。
そのまま放っておくと、首肩から背中の痛みにつながったり、五十肩やヘルニアの要因となることもあります。

産前・産後の骨盤矯正

まず堺整骨院では、左右の脚の長さや骨盤の高さの違いを確認し、骨盤の歪みで状態を確認します。その上で、日常生活やお仕事から生じる筋肉や骨格のクセなどの根本原因を見つけます。
お一人お一人のお身体の状態にあわせ、指圧のような形での筋肉の調整、骨盤矯正等が効果的です。

また、産後の骨盤の開き対しては専門の矯正があり、専門の女性施術者が骨盤の周径を測定し、O脚の度合いや足の親指への体重の乗り具合など様々な視点から状態を確認し施術に当たります。
産前に比べて下半身が大きくなった、ズボンがお尻の下あたりで引っかかるなどの自覚がある方は開きがあるサインなので要注意です。
当院の産後の骨盤矯正は産前にも行えるほど安心・安全の施術であることが特徴です。

女性の坐骨神経痛と「冷え性」

さらに、女性の坐骨神経痛には筋肉の固さや・骨盤の歪みの原因の他にもう一つ考えないでいけないポイントがあります。
それは「冷え」です。
神経痛の改善には血流、循環が非常に影響します。なので、女性に多い「冷え症」がある場合はいくら筋肉や骨盤の調整をしても痛みの変化が乏しい場合があります。
良好な血流が神経の回復を早め、症状の早期回復に繋がります。

そんな「冷え性」は4タイプあると言われています。

  • 身体の末端だけ冷えを感じる「四肢末端型」
  • 下半身だけ冷えを感じる「下半身型」
  • 冷えは感じないけど平熱が低かったり、お腹を触ると冷たいなどの「内臓型」
  • そして「全身型」

冷えの自覚が出づらい内臓型の隠れ冷え性も含め、「冷え性」である女性は多いです。
「隠れ冷え性」、初耳の方もいらっしゃるかも知れませんが実はすごく多いんです。
内臓型の冷え性は「冷え」の自覚よりも、ふくらはぎのむくみやほてり、静電気、便秘等の腸内環境の不調は隠れ冷え性からの症状である事も多いです。
当院での冷え性改善の治療としては、ふくらはぎ集中ケアをオススメしております。
ふくらはぎ集中ケアによってわかる「ふくらはぎタイプ診断」により、腰痛・肩こりや、膀胱炎など意外な症状との関連性が分かることもあります。
もちろん食事のアドバイスやご自宅でできるセルフケアもお教えしております。

福岡市 堺整骨院グループの腰痛カウンセリング風景

Web予約はこちら

鍼治療

他にも、鍼治療で内臓機能を高めたり、循環を良くするツボを刺激することもありますし、テーピングで歩く際の足の着き方を補正したりもします。
脚がつけない程の強い痛みの場合には、整形外科等へのご紹介も致します。炎症止めの注射を打った方が早期回復に繋がることもあります。
治療をした後は、筋肉の緊張が軽減し、骨盤も安定した位置におさまります。

その為、腰が伸びやすく、歩くときに腰や股関節まわりが軽くなり、立ち上がり等の痛みが軽減されたことを実感できます。
通院頻度やお仕事内容にもよりますが、日常生活に支障をきたす痛みは早ければ2〜3回で、平均的にも2〜3週間で改善することがほとんどです。
そこからは痛みの根本的な原因となる股関節や肩甲骨まわりの柔軟性をつくる治療に移り、最終段階はまた痛みを繰り返さないお身体をつくる予防のお手伝いをいたします。

産後の骨盤矯正では、施術直後から骨盤のサイズダウン、お尻のリフトアップが期待でき、約1ヶ月半から2か月間で8~10回の矯正を行うことで骨盤の開きが落ち着きます。
自分ではわからない、隠れている痛みの原因とその引き金となっている日常生活でのクセまで改善するお手伝いを、お一人お一人に合わせたオーダーメイド治療として、誠心誠意させていただきます。

腰痛、坐骨神経痛のまとめ

要するに、
同じ腰痛、坐骨神経痛でもお一人おひとり原因も違えば治療法も違う」ということです。
「病気ではなく病人をみる」というナイチンゲールの言葉もありますが、痛みそのものでなく、痛みの引き金になった日常生活やお身体のクセや習慣を患者様と共にみつけ、共に改善していく事を大切にしております。

少し痛かったり、きつい事が当たり前になっていないですか?

今までどこにいっても取れなかった痛み、諦めないでください。
地域医療の窓口として、どんな症状でも西洋医療と東洋医療の統合医療により、最適な医療をご提案致します。
何かお困りの事があれば、いつでもお気軽にご連絡ください。必ずお役に立ちます。

対象のコース

・骨盤矯正プログラム、ソフト整体、ふくらはぎ集中ケア

Web予約はこちら