整骨院ブログ

子供が猫背で心配?放っておくリスクや影響は?

夫馬 俊介

    子どもの猫背は早期改善を

    毎日の生活の中で、子どもの姿勢が気になる事はありませんか?ゲームをしている時や本を読む時・食事の時など、子どもの姿勢が乱れがちです。
    節や筋肉などが、まだ成長期の子どもが、常時猫背の姿勢でいると、成長段階で背骨や筋肉などは、猫背姿勢のままで成長してしまい、大人になってから、猫背を改善しようとしても、中々改善をするのに苦労します。
    子どもの猫背は、堺整骨院 長尾院にお任せ下さい!

    子どもが猫背になる原因

    child-posture-correcting02.jpg

    運動能力の低下

    子どもの体力は、年々低下しています。腹筋や背筋の力が弱まると、体をしっかりと支えられず、正しい姿勢を保てません。
    保育園や学校でも、座って過ごす時間が長く、帰宅後も、ゲームやスマホなど、座って楽しむ遊びが多い事から、運動量の減少が影響していると考えられます。

    生活のリズム

    夜型の生活になり、朝すっきりと起きられず、朝食を食べない家庭が増えています。 朝食を抜くと、脳や体のエネルギーが不足し、 1 日の活力が保てず、よい姿勢を続けられない 心配があります。
    また、起床の時間が遅い・室内の遊びが多いといった生活では、太陽に当たる時間が不足します。日光浴が少ないと、心のバランスを保つホルモンである「セロトニン」の生成が減り、集中力がなくなって、よい姿勢が持続できない事も挙げられます。

    家庭の環境

    最近は、子どもがスマホやパソコンを使って、気軽にゲームをしたり、インターネットを活用する機会が増えました。気付いたら、何時間も座りっぱなしだったという事もあるでしょう。
    また、リビングでお絵描きや学校の宿題をする場合、椅子とテーブルの高さが、子どもに合わない事も考えられます。
    リビングには気になってしまうものが多い為、1つのことに集中できずに正しい姿勢を保てない状況も考えられます。

    大人の姿勢の悪さ

    かつては、姿勢について厳しく指導し、背中に定規を入れて矯正した時代もありましたが、現代ではあまり注意をしません。 正しい姿勢を知らずに育った大人は、子どもの姿勢の悪さに気付かない 傾向があります。
    家庭でリラックスをしている時、親子でソファーに浅く座って、背もたれに寄りかかったり、足を組んだりして過ごしていませんか。大人の姿勢が悪いと、子どもは正しい姿勢を学ぶ機会がなく、成長してしまいます。

    猫背が子どもにもたらす影響

    child-posture-correcting03.jpg

    骨格のゆがみ

    間違った姿勢を長く続けると、背骨や骨盤がゆがんだ状態で筋肉が発達し、体形もゆがんで育つ心配があります。子どもに多い「側弯症(そくわんしょう)」は、背骨のわん曲やねじれが原因の病気で、左右の肩や腰の高さが異なるなどの症状があります。
    また、頻繁に頬杖を付いたり、寝転んだまま絵を描いたり、テレビの画面を見たりすると、歯並びや噛み合わせに影響する事があります。歯並びや噛み合わせの異常は、発音や食べ物を噛む動作に影響がある「顎(がく)関節症」のトラブルも懸念されます。

    けがのリスク

    猫背のままで運動をすると、関節に負担がかかって、痛みが出る事があります。また受け身を取り辛くなるので、けがのリスクも高まります。
    教育の現場でも、「背中がぐにゃぐにゃしている」などの姿勢の悪さに加えて、「つまずいて転ぶ」「転んで手が出ない」といった様子が、観察されています。

    呼吸に関する影響

    猫背の状態が長く続くと、肺が圧迫されて浅い呼吸しか出来ず、十分な酸素が取り込めません。緊張すると、呼吸が浅くなる状況と同様に、 猫背が続くとイライラする・疲れやすいなどの症状がみられます 。
    また、口を開けたままゲームなどに集中すると、鼻ではなく口の呼吸になって、口内や気道が乾き、ウイルスが侵入しやすくなる他、虫歯やぜん息などを、引き起こす原因になります。

    肩こりや腰痛など

    ゆがんだ姿勢を続けていると、首や肩・背骨の周りの筋肉が緊張して、血行が悪くなり、肩こりや腰痛・頭痛・めまいなどの原因になります。一般的に子どもは肩こりや腰痛などを発症しませんが、不自然な姿勢が習慣になると、体に負担がかかるので注意しましょう。
    姿勢が悪いと、肩こりや頭痛などに加えて、呼吸が浅くなる事で、慢性的な体の不調を引き起こす可能性があります。

    消化不良

    猫背などの 姿勢が悪いままで食事をすると、内臓が活発に働かず、食べ物の消化がうまく進みません。 体が前かがみになると、内臓が圧迫され、食べてもすぐにお腹が苦しくなるデメリットもあります。
    その他、食事中に茶碗を持たない・肘を付く・足を投げ出して座るといった姿勢は、マナーとして避けるべきなので、大人が注意して気付かせてあげる様にしましょう。

    近視の心配

    スマホや携帯ゲーム機などで、手元を見る作業を長く続けると、近視になるリスクが高い事がわかっています。その他、本を読んだり、絵を描いたり、工作をする時なども、集中すると目が近づいてしまいます。
    手元を見て作業をする時は、目と対象物の間を30cmくらい離して正しい姿勢を保ち、時々休憩を入れる様に心掛けましょう。

    お子様の猫背は、堺整骨院 長尾院にお任せ下さい!

    child-posture-correcting04.jpg

    堺整骨院 長尾院の猫背矯正

    堺整骨院 長尾院の姿勢・猫背矯正は、無理にボキボキせず、1回の施術ですぐに効果を実感できる特殊なストレッチによる矯正です。頚のストレッチ→肩のストレッチ→脇のストレッチ→胸・肩甲骨周りのストレッチ→腰のストレッチ→骨盤矯正→首の矯正と、上から順番に普段使わない筋肉を動かすことで姿勢を整えます。
    しかし、姿勢は1回悪くなってしまうと、簡単には元に戻りません。1回20分の施術ですぐに効果は実感して頂けますが、より良い姿勢を定着させるため、最低3ヶ月間24回以上の通院をオススメしています。
    また、お子様の治療時間を利用し、骨盤の歪み・気になる体型を治療されるお母様もいらっしゃいます。 ご一緒に相談下さい。

    堺整骨院 長尾院の猫背矯正を体験されたお子様と親御様の声

    福岡市南区在住 中学1年生 男性 水泳・テニス部

    お母様の声:背筋が伸びる様になった。家で姿勢を意識する様になり、背中が丸くなっている事が減った。
    悪い所(体幹が使えていない)が良く分かる様になった。

    福岡市南区在住 小学6年生 女性 ダンス部

    お子様の声:背筋が伸びたので、苦手だったジャズダンスが格好良く踊れる様になった。
    お母様の声:背中が丸まり、顎が上がっていたのが気になっていたが、最近気にならなくなった。

    福岡市南区在住 高校3年生 女性 ゴルフ部

    お子様の声:以前は腰が強く痛む事があったが、姿勢が良くなった事でフォームが改善し、
    痛む事がなくなった。

    福岡市南区在住 中学3年生 男性 水泳部(バタフライ)

    お子様の声:学校での授業中の集中力が高まり、課題であった腕を大きく動かすところが良くなり、(胸郭の可動域が広がった)タイムが上がって県の強化選手まで選ばれる様になった。
    親御様の声:家での姿勢はもちろんの事、水泳をしている所を見ると明らかに泳ぎが変わりやって良かった。

    関連記事

      カテゴリから記事をさがす