腰痛・背中の痛みや痺れの症状

症状の原因

  • 慢性的な腰痛
  • ヘルニア・神経痛
  • ぎっくり腰

慢性的な腰痛

施術風景

このような方は要注意

  • お子様がいる女性の方
  • 重い荷物を持つことがある

腰痛を放っておくと、痛みをかばって腰が曲がりますが、その曲がった状態で上手く生活しようとして「代償動作」を身に着けてしまいます。そうなるとどんどん悪循環が起こってしまいます。

堺整骨院のカウンセリング風景

内臓が圧迫されたり、代謝が悪くなったり、骨が変形したり、身体に様々な悪影響を及ぼします。

腰痛・背中の痛みの原因

腰痛の80~90%が“腰痛症”つまり筋肉的な問題と言われています。腰の動き、足の長さの左右差、筋肉の付き方、骨盤のゆがみなどから、腰の痛みがどこからきているのか、また何が原因なのかを明確にし、適正な施術をおこない、症状を改善させます。

腰痛の中には、時として腫瘍や感染症、圧迫骨折等、重篤なものが隠れていることがあります。早期発見のためにも気になることがあればすぐにご来院ください。以下に当てはまる場合は要注意です。

  • 重い物を持った時に痛む
  • 洗顔時に前かがみになると痛む
  • 靴下を履く時に痛む
  • 長時間歩くと足にしびれが出る
  • 何度もぎっくり腰を繰り返す
  • 妊娠中・産後から痛むようになった

そのうち「治る」と思わず、腰の痛みが気になったら早めに来院してください!

対象のコース

・骨盤矯正プログラム、ソフト整体

Web予約はこちら

ヘルニア・神経痛

神経痛がある場合は、鍼治療が効果的です。

鍼が怖いという方は無理せず手技での治療となります。坐骨神経痛などで痺れがない場合は手技で施術を行います。

ヘルニアで手術が必要と病院で言われた方も、手術回避できた事例が多くあります。

もちろんヘルニア自体が治るという訳ではなく、痛みなく生活できるようになるということです。しっかりと症状を見極め、整形外科にいくべき状態である場合は紹介状を出しています。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は、筋肉が損傷した状態です。痛いからといって強くマッサージしたりするのは逆効果ですのでご注意下さい。

原因としては大腰筋の損傷や痙攣だと考えられています。大腰筋は股関節を曲げるときに使用しています。股関節を曲げたりしたときに痛みを感じる方は腰痛やぎっくり腰の症状が併発しているケースが多く、仰向けで寝るときや起き上がる際に辛いと感じることもあります。

慢性的な腰痛をお持ちの方は、いつぎっくり腰になってもおかしくない状態です。ぎっくり腰を予防するには日常生活を見直すしかありません。腰や背中に負担をかけないように心がけてください。