整骨院ブログ

変形性関節症は治る?原因と治療法をご紹介!

杉原 俊樹

    変形性関節症の改善

    整形外科でレントゲン撮影をし、ほとんど身体に触れる事なく、徒手検査もなく「変形性関節症」と診断を受け、手術を勧められたり、年齢を理由に、湿布の処方をされた方はいらっしゃいませんか?その様な方は、堺整骨院 荒尾院にご相談下さい!

    最も多い変形性膝関節症の原因

    osteoarthritis02.jpg

    加齢

    膝の関節は、骨と骨の間にある軟骨が、クッションの様な役目を果たし、スムーズに動く様になっています。
    ところが、加齢と共に、軟骨がすり減ると、滑らかな動きが阻害される為、炎症が起こって痛みが生じてしまいます。
    磨耗した軟骨は、再生しないので、早い段階で進行を食い止める事が大切です。

    筋肉の衰え

    足を支えている筋肉が衰えると、身体の重みを受ける部分が不安定になり、膝関節への負担が大きくなります。
    膝が痛いからといって、動かさないでいると、ますます筋肉が衰えて、さらに痛むという悪循環に陥ってしまいます。適度な運動を心がけましょう。

    肥満

    体重が増えると、膝への負担が大きくなります。
    中高年になると、運動不足や食べ過ぎで、内臓脂肪が付きやすく、体重が増加しやすいので、注意が必要です。
    食事の改善や適度な運動を取り入れて、体重をコントロールしましょう。

    O脚・X脚

    O脚やX脚などの脚の変形は、膝への負担を大きくし、痛みが起こる原因になります。
    特に日本人に多いのがO脚です。O脚は、両膝の間の隙間が開く為、体重のかかる場所が偏り、膝関節の内側に大きな負担を掛けてしまいます。
    かつては、O脚やX脚は体質だから、治らないと考えられてきましたが、最近ではさまざまな矯正グッズや治療法があります。

    膝関節の損傷

    激しいスポーツや転倒などによる、半月板損傷や靭帯損傷も、膝の関節を傷つけて、変形性膝関節症の原因となります。
    若い時に、半月板や靭帯を痛めると、その時は治っても、中高年以降に変形性膝関節症などの、膝の病気になりやすいと言われています。

    変形性膝関節症で避けたい事

    osteoarthritis03.jpg

    急に動いたり止まったりする動作

    急に動く、又は急に止まるという動作も、膝関節にとって大きな負担になります。
    具体的にはサッカー・野球・テニス・ジョギング・スキーなどです。
    ジョギングなどの有酸素運動は、体重の減少に有効ですが、膝への負担を考慮すると、ウォーキングに切り替えてる方が良いでしょう。

    膝を深く曲げる動作

    膝を深く曲げる動作は、関節に大きな負担のなる為、なるべく避ける様にしましょう。

    • 直接床に座る
    • 和式トイレを使用する
    • 布団で眠る

    居間や仕事場など、長時間過ごす場所では、椅子やソファーを使用したり、トイレの便座を洋式に変えるなどの対応が望ましいです。
    また、布団で眠ると、布団を上げ下げをしなければならないので、その際に、負担がかかります。可能であれば、ベッドを使用される事をお勧めします。

    変形性膝関節症と診断された方は、堺整骨院 荒尾院にお任せ下さい!

    osteoarthritis04.jpg

    痛みの原因の一つとして、膝の脂肪体炎や膝周りの筋肉の硬さによる、神経の圧迫などが上げられます。
    変形しているから、その部分が痛んでいると思われている方が多数です。
    脂肪体炎の場合は、その組織への直接的なマッサージで、改善が期待出来ます。
    また膝のお皿に付着している筋肉に、高電圧電流による治療「ハイボルテージ」を当てる事で、お皿の滑りが良くなり、改善した例も多くあります。
    そこから痛みの根治に向けて、患者様の体重を利用する事で、不必要な力が加えられる事なく、肩や首や腰などへ、施術を可能とする機器「トムソンベッド」を用いて、股関節や脊柱の動きを出して、歩行時のふらつきを減らします。
    更に、電気刺激を与える事で、筋肉を動かす機械「EMS」で、もも裏の筋肉を活性化させる事で、踏み込みが強くなり、歩きやすくなります。
    痛みが早期に改善しない場合は、アイテムを使うことが有効となります。
    そこで堺整骨院 荒尾院では、膝の矯正サポーターや足首の矯正インソール・テーピングを用いり、早期の症状改善に努めます。院内で試して頂き、症状の変化がその場でわかるのがポイントです。

    堺整骨院 荒尾院に、変形性膝関節症でご来院された患者様の声

    熊本県荒尾市在住 女性 50代

    原因が、変形しているからだけだと思っていたが、諦めなくてよかった。

    熊本県荒尾市在住 男性 50代

    筋力を、自分で付けたくても、なかなか痛くて運動出来ないし、やり方がわからなかったからEMSが簡単でよかった。おかげで膝だけでなく、腰痛も改善した。

    熊本県荒尾市在住 女性 50代

    インソールのおかげで、痛みが改善し、ウォーキングしたくなった。

    関連記事

      カテゴリから記事をさがす